定年後の人生設計 > 定年後の生活資金 > 定年後の人生設計に仕事も入れておく、海外での仕事もいいかも?

定年後の人生設計に仕事も入れておく、海外での仕事もいいかも?

定年後の仕事について

定年後の人生設計を立てるためにはお金がいります。
いくら退職金で多額のお金をもらったとしても心配なものです。定年退職してからもアルバイトやパートとして仕事をすることを定年後の人生設計に入れておきましょう。

 
定年退職した後だからこそできる仕事もあると思います。
お年寄りが大勢いる仕事は結構多くあるのです。

 
みなさん、退職した後も仕事がやめられないのです。
駅前で自転車の整理をしている人を見たことはありませんか。駅に自転車を止めに来た人に対してお金をもらうのです。
都会の方の駅前でよく行われている仕事です。朝が早いので、早起きの人向けの仕事です。

 
どうせ、また仕事をするなら違う業種ではなくて、同じ業種で働きたいものです。
今まで長年仕事をしてきて培ってきた仕事のノウハウを後輩の育成に注ぎたいとは思いませんか。それは素敵な定年後の人生設計だと思います。
自分の技術が次世代へ受け継がれていく伝統こそが、日本の文化だと思います。

 
自分の代だけで仕事を終わりにするのではなく、この先ずっと受け継がれていくかもしれないのです。
そのことを考えると、定年後の人生設計でもう悩むことはないと思います。どの業界においても仕事の技術を伝統していくことは大事なことなのです。

 
 

定年後は海外で仕事?

海外に行って仕事をすることを定年後の人生設計に組み込んでいるのなら、青年海外協力隊に志願するべきです。
青年海外協力隊は発展途上国の人々のさらなる発展に参加してるボランティア団体なのです。
その青年海外協力隊にシニアの部ができてから、定年後の人生設計に青年海外協力隊を考える人が増えているのです。

 
今まであなたが働いてきた仕事・技術等を発展途上国の人々に伝えることが仕事のないようです。
とてもやりがいのある仕事だと思いませんか。募集はHPなどで確認を取ってみてください。
有意義な定年後の人生設計を立ててください。

 
定年後も非正社員としてなら仕事を継続できる業種が今増えてきています。
それは年金をもらえるまでの期間の収入源がないので、その期間を乗り切るための策なのです。

 
定年後の人生設計をどのように立てていますか。
もし、具体的な定年後の人生設定ができていないなら、定年後もとりあえず非正社員として雇用してもらいましょう。
お金があって困ることはないのですから、仕事ができるうちに仕事をして、ある程度のお金が貯まったら、温泉に行ったり、海外旅行に行ったりと定年後の人生設計を豊かなものへと変えて行き、充実した老後を過ごせるようにしましょう。

 


同ジャンル・関連ページ




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA