定年後の人生設計 > 定年後の住居や暮らし方 > 定年後は気ままに田舎暮らしを!

定年後は気ままに田舎暮らしを!

定年後は田舎暮らしに即行動

毎日満員電車に揺られながら出社して、人ごみの中を歩きながら営業活動に精を出して、クタクタになったところで、また満員電車に揺られて帰宅。
そんな都会の生活にうんざりしませんか。
そんな都会の生活に嫌気が差したらセカンドライフでは田舎暮らしをしてみましょう。
人ごみはなく、大自然の美味しい空気を思いっきり吸えるのです。電車の中もほぼ貸切状態で電車の中が混んでいて立ちっぱなしなんてことはないのです。

 
そんな素晴らしい田舎暮らしを定年後の生活として送ってみませんか。都会からそんなに離れていない関東周辺で十分田舎暮らしはできるのです。

 
定年後に田舎暮らしをしようと思い立ったら即行動に移しましょう。
まずは物件探しです。これは不動産店を訪れればすぐ見つかると思います。しかし、人気のある物件、例えば温泉付きとか駅から徒歩圏内などそう簡単には見つかりません。ですので、セカンドライフで田舎暮らしを希望しているなら早めに計画を立てておき、頻繁に不動産に足を運ぶべきなのです。

 
最近、田舎暮らしもブームになってきましたので、大定年退職時代を迎えるにあたり、さらに定年後に田舎暮らしを使用とする人は増えることでしょう。頑張って希望の物件を探しましょう。

 
 

田舎暮らしの場所は何処にする?

不動産店以外でも不動産物件を扱っている場所があるのです。
市町村も不動産を扱っているのです。結構良心的な値段で提供してくれているので、気に入れば購入したいものです。

 
このように地方自治単位で定年後の田舎暮らしを促進しようとしているのです。もちろん、狙いは住民税などの税金です。
住民が増えればそれだけ納税額も増えるので、地方自治団体は潤うという仕組みです。この作戦に田舎くらいブームが手助けしているのです。
いずれにしても定年後をどこで過ごそうとするかが意外と重要な選択になりますので、じっくり考えましょう。

 
最近、「空き家バンク」を運営する地方自治団体が増えてきています。「空き家バンク」への登録方法は、移住希望者がネットを通して登録し、希望物件を見つけたら、空き家の所有者に連絡を取ります。
後日、当事者同士で交渉し成立すれば、念願の田舎暮らしが始められるのです。

 
定年後の生活は住む家を変えたいと考えているのなら「空き家バンク」に登録するだけ登録してみましょう。
定年後を田舎くらいで送ると様々な思い出ができますよ。本人も童心に戻ったように毎日自然と戯れることができます。
定年後の生活でも心の若返りができるのです。

 


同ジャンル関連ページ




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA