定年後の人生設計 > 定年後の夫婦に関して > 定年後の一人暮らしは楽しい、それとも寂しい?

定年後の一人暮らしは楽しい、それとも寂しい?

1人暮らしで定年を迎える

もしあなたが1人暮らしのまま定年退職を迎えるのであれば、定年後の人生設計はゆとりを持って立てることができると思います。
なぜなら、1人暮らしなので、誰のことを気に留めるわけでもなく、自由に定年後の人生設計を立てられるからです。

 
夫婦や子供がいたのでは、その分お金を分けなければならないし、定年後の人生設定のことだって相談しなければなりません。妻や子供、さらには孫など人数が増えれば増えるほど意見が出てきますので、定年後の人生設計がうまくまとまりません。

 
そんな苦労をせずにいられるのが1人暮らしの特権なのです。

 
退職金を独り占めできたり、生活費が1人分しか、かからないことは1人暮らしの長所だと思います。
しかし、定年後の人生設計を立てるときに1人暮らしだとさびしいものもあります。

 
旅行でもそうですが、1人で旅行の計画を練るよりは大勢で旅行の計画を練った方が楽しいことは事実です。

 
このように1人暮らしの定年後の人生設定には長所と短所があるのです。
1人暮らしで寂しさを感じたときには、何かサークルに加入したり、習い事をしたりしてみてはいかがでしょうか。同じ年代の大勢の仲間と楽しい時間を過ごせることでしょう。きっと気の合う仲間も見つかることでしょう。

 
 

妻から一人暮らしをしたいからとから離婚を告げられるかも!

 
定年後の人生設計で1人暮らしを希望しているからと言って、妻から離婚してくれと言われるケースがあるのです。
あなたは大丈夫でしょうか。

 
長年の夫に対するストレスから解放されたい、夫の定年後の人生設計とは組めない、これからは1人暮らしをしたいと考えている妻は多くいるのです。

 
そのような事態にならないためにも、常日頃から妻の気持ちを考えて下さい。

 
旅行に連れて行ってくれない、家事も手伝ってくれない。」そんなことでは妻は夫に対する不満が募るばかりです。

 
一言でよいので、「今は我慢してくれ。定年後の人生設計で一緒に旅行に行くこと計画している」と声をかけてあげましょう。

 
定年する時期と子供が独立する時期と言うのは案外近い時期なのです。

 
30歳で子供を生んだとすると、定年の60歳を迎えることは子供の年齢は30歳です。ちょうど結婚して家を出て行く時期だと思います。もし妻がいなければ、1人暮らしの生活が始まってしまうのです。

 
1人暮らしにぴったりの定年後の人生設計は、仲間作りをすることです。1人暮らしだと会話をする相手がいなく、うつになったり、ボケにもつながってきます。

 
ですので、その対策として、定年後の人生設計において仲間作りをすることをお勧めしています。

 
人間1人だけでは生きては行けないものなのです。

 
 


同ジャンル・関連ページ




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA