定年後の人生設計 > 定年後の夫婦に関して > 定年後の夫婦の暮らし(セカンドライフ)を考える

定年後の夫婦の暮らし(セカンドライフ)を考える

夫婦で楽しく暮らすには!

定年退職の時期が近くなってくると、そろそろセカンドライフについて考え始めませんか。
会社勤めで夫婦の時間もろくに取れずいたのなら、セカンドライフでは夫婦の時間を中心につくっていくべきです。

 
熟年離婚の件数が増えてきている現在では、夫の退職と同時に離婚を迫られるのです。
夫婦でセカンドライフで何をするのか計画を早い段階から練っておけば、そのような熟年離婚の心配は無用なのです。

 
人生80年、定年退職してからもまだまだ生きていいかなければなりません。
そのセカンドライフのパートナーを失ってはいけないのです。夫婦2人でセカンドライフを過ごしていくのです。

 
今まで平日の昼間に夫がいなかった、そんな生活に慣れてきたのに夫が定年退職した瞬間からいつでも夫が側にいる生活になるのです。普段いなかった夫が毎日いるだけでストレスになる妻もいるのです。
そんなセカンドライフの夫婦二人のギクシャクした生活には、子ども夫婦や孫が近くにいることが重要なのです。

 
子供なら親の老後が気になって当然です。今まで育ててくれた恩があるので、孫の世話になりましょう。
夫婦2人だけのセカンドライフはつまらないものです。ある程度大勢の方が、楽しいセカンドライフを遅れると思います。
子供にもきっと親と過ごしたいと思っていますよ。

 
 

夫婦で人生設計をしましょう!

最近「セカンドライフ」という言葉をよく、雑誌・広告、テレビなどで見るようになりました。
そのおかげで定年退職後のセカンドライフ時に行う趣味やライフスタイルのプラント立てる人が増加してきたのです。

 
夫婦で話し合いながら、一緒の習い事に通ったり、一緒に旅行に行ったりと、とても楽しいセカンドライフを思い描いている人が大勢いるのです。

 
もう、会社に出勤する必要もなく、残業をする必要もないのです。これからは夫婦で残りの人生を楽しく生きていけるのです。
そんなセカンドライフ計画を充実させてくれる企業も増えてきているので、いろんな媒体に接触してみましょう。

 
寿命が延びるにつれ、セカンドライフの充実が叫ばれてきています。
セカンドライフのの舞台となるを選びに住居を住み替えてはいかがでしょうか。

 
きっと現在住んでいるところは若いときから住んでいるので、子供部屋があったり、2階部屋があったりと、お年寄りの夫婦2人にとっては、とても大きい家だと思うのです。そこで、老後、足腰が弱まってきたときのことを考えて、今のうちからバリアフリーの家を建てることをお勧めします。

 
セカンドライフを作っていく基地になるところですので、夫婦2人でどんな家にしたいのか、じっくり話し合って意見を出し合って、設計していきましょう。

 


同ジャンル・関連ページ




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA